あなやしき

エントリー

2011年12月の記事は以下のとおりです。

当然ですが好き以外は嫌い、というわけではないです

急に増えたり減ったりします

3部

ジョセフ…チームでの司令塔として行動を引っ張るあたり

オインゴボインゴ兄弟+ホル・ホース…コメディ要員

DIO…ノーコメント

4部

空条承太郎…周囲から尊敬されつつもコミュ障を発症しつつある感じ

ジョセフ…周囲から完全になめられつつも昔はすごかった話を誰もしないあたり

吉良吉影…昔は前期が好き、今は後期が好き。

重ちー…最も身近感の高いキャラだと思う

5部

ナランチャ…儚い

フーゴ…現実と理想の狭間に。小説版でやっと救われてよかった

プロシュート兄貴…やっぱすげーよ兄貴は

リゾット・ネエロ…「最後の一人」。暗殺チームは壊滅までを含めた全てが魅力。

ドッピオ&ディアボロ…薬まみれの組織の頂点が病んでいるところ。

ポルナレフ…スタンド戦の先輩として助言するあたりが好き。亀だけど。

6部

空条承太郎…不器用の塊なところ。

F・F…序盤の哲学的存在も後半の知性的存在も好き。

ウェザー・リポート…たたずまい。ガハハ

アナスイ…尽くすタイプ万歳

スポーツ・マックス…少ない出番だけど、表情が豊かでよいです。あといちいち言動がゲスい。

ミューミュー主任…主任

7部

ディエゴ…人生の全てが悲劇だったところ。

マウンテン・ティム…だってイケメンだもの

マジェント・マジェント…だってアホだもの

 

あ、ちなみにDIOの息子は殿堂入りです

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1


ユーティリティ

information


      
      
      サイト開設:2001年8月25日

user

Web拍手

拍手送信フォーム

  ⇒返信はこちら

archive

タグクラウド